【エルフィンS】(京都)~レッドアヴァンセが直線一気でV [News]
2016/02/06(土) 16:13
京都10Rのエルフィンステークス(3歳オープン・牝馬・芝1600m)は1番人気レッドアヴァンセ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒2(良)。1馬身1/4差の2着に7番人気ダイアナヘイロー、さらに半馬身差の3着に3番人気ワントゥワンが入った。

レッドアヴァンセは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母エリモピクシー(母の父ダンシングブレーヴ)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 レッドアヴァンセ(武豊騎手)
「調教からいい馬だと思っていましたし、期待通りの走りでした。最後に入っても、ゲートは怪しいところがありましたから、多頭数になったときにゲートは課題ですね。バネはいい馬ですし、とにかく楽しみです」

(音無秀孝調教師)
「ここを勝たないとと思い、勝負をかけました。今後のことは馬の様子をみてからです」

2着 ダイアナヘイロー(菱田裕二騎手)
「いいペースで行けましたし、追い出すタイミングをギリギリまで待って、最高だと思いましたが、相手が強かったです」

3着 ワントゥワン(藤岡健一調教師)
「反応が鈍いところがあります。それがすべてですね」

7着 リセエンヌ(浜中俊騎手)
「馬の感じは悪くありませんでしたし、ゲートの出もよかったですが、追い出してから動けませんでした。馬場は少しやわらかい方がいいかもしれません」