【箱根特別】(東京)~ジュンスパーヒカルがゴール前で抜け出す [News]
2016/02/06(土) 15:46
東京9Rの箱根特別(4歳以上1000万下・芝2400m)は4番人気ジュンスパーヒカル(S.フォーリー騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分26秒8(良)。3/4馬身差の2着に1番人気ルミナスウォリアー、さらに半馬身差の3着に5番人気グランドサッシュが入った。

ジュンスパーヒカルは栗東・友道康夫厩舎の4歳牡馬で、父ファルブラヴ、母フラッシュウェーブ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ジュンスパーヒカル(S.フォーリー騎手)
「ビデオや調教でとにかくかかる馬ということはわかっていたので、折り合い重視でいきました。それでも道中引っかかっていて、ハミをかんでいる分、最後は少し伸びを欠きましたが、かかり癖が解消されればオープンへ行ってもやれると思います」

2着 ルミナスウォリアー(戸崎圭太騎手)
「馬の感じもよく、最後は内からすくわれてしまいましたが、脚の使い方が難しいところがあります」

3着 グランドサッシュ(C.ルメール騎手)
「ラスト200mで馬に挟まれて、狭くなりましたが、馬はよくがんばっています。長くいい脚を使いますが、そのぶん瞬発力がないですね」

4着 ミュゼダルタニアン(丸山元気騎手)
「道中でハミをかんでしまいましたが、昇級戦でもよくがんばっていると思います」