【3歳500万下】(東京7R)~レーヴァテインが繰り上がりV [News]
2016/02/06(土) 15:13
東京7Rの3歳500万下(芝2400m)は1位入線の3番人気ヴァンキッシュランが2着降着となり、2位入線の1番人気レーヴァテイン(C.ルメール騎手)が繰り上がりで1着となった。勝ちタイムは2分28秒5(良)。1馬身3/4差の3着に2番人気シュペルミエールが入った。

レーヴァテインは美浦・堀宣行厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母レーヴドスカー(母の父Highest Honor)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 レーヴァテイン(C.ルメール騎手)
「距離はOKで、道中はいい感触でした。直線での反応はよかったのですが、ラスト100mは同じ脚色になってしまいました。それにゴール前でぶつけられてバランスを崩しました。もう少しよくなってきそうです」

2着 ヴァンキッシュラン(F.ベリー騎手)
「馬は強かったです。(走行妨害をして)悪かったです」

3着 シュペルミエール(柴山雄一騎手)
「ゲートを出てからの反応がいまひとつでした。脚は使っていますが、ヨーイドンの競馬になってしまいました」

4着 リッチーリッチー(S.フォーリー騎手)
「エンジンがかかるまで時間がかかるので、いい位置で競馬をするように気をつけました。うまく前があきましたが、外から一気にこられてしまいました。距離は2000mがベストかもしれません」