【東京新聞杯】栗東レポート~ダッシングブレイズ [News]
2016/02/03(水) 18:38
 今朝の栗東トレーニングセンターは気温こそ氷点下にはならなかったが時折小雪が舞うこの季節らしいお天気。冷たい空気の中で日曜日の重賞競走へ向けての調整が行われた。

 現在3連勝中の4歳馬ダッシングブレイズは朝一番に坂路コースに入りしっかりとした脚でコースを駆け上った。

 3連勝中の全てのレースに騎乗した浜中騎手が話をしてくれた。

●ダッシングブレイズ(浜中俊騎手)

◎オープン戦リゲルステークスでは見事に人気に応えましたね。
 初めてのオープンの競走でしたがとてもいいレースをしてくれて強かったと思います。

◎3連勝をしてきた間に成長を感じる点はありますか?
 本来この馬が持っているポテンシャルに体力が着いて来たということで、レースでそのポテンシャルが発揮できるようになったところに成長を感じます。

◎前回の競走では馬体重がプラス16キロでしたが?
 成長分もあったと思うので、16キロ増えていましたがひと回り成長したというのを感じました。まだまだどんどん成長すると思います。

◎今回は中6週ですが、中間は陣営からは話を聞いていますか?
 調教過程も順調に来ていますし追い切りの動きも凄くいいと聞いていますので安心してレースを迎えられると思います。

◎今回はまた東京コースでのレースですが?
 末脚を活かす馬ですので東京コースは直線が長いですからベストの条件だと思います。

◎5勝全てがマイル戦ということで今回も期待していいでしょうか?
 春には安田記念がありますし、同じ舞台ですから(そこへ向けても)一番いい条件だと思います。

◎今回はどんなレースのイメージがありますか?
 最後の直線でいい瞬発力を見せるのがこの馬の長所ですので、そうしたいい所を引き出せるようなレースをできればと思います。

◎最後にファンの皆さんへ一言お願いします。
 ダッシングブレイズは僕が個人的にも飛躍を期待している馬です。強いレースをしてくれると思いますので応援して頂ければと思います。


(取材:佐藤泉)