【節分S】(東京)~マジックタイムが差し切りV [News]
2016/01/31(日) 16:55
東京10Rの節分ステークス(4歳以上1600万下・芝1600m)は1番人気マジックタイム(柴山雄一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒4(良)。クビ差の2着に10番人気チェリーヒロイン、さらに1馬身半差の3着に5番人気ロジチャリスが入った。

マジックタイムは美浦・中川公成厩舎の5歳牝馬で、父ハーツクライ、母タイムウィルテル(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は15戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 マジックタイム(柴山雄一騎手)
「ゲートをポンと出て、手応えもよく、あとはどこをさばいていくかという感じでした。最後内から抜けられてどうかなと思いましたが、よくがんばってくれました。気性も素直になってきて、気持ちと体がかみあってきています。この先が楽しみです」

2着 チェリーヒロイン(横山典弘騎手)
「久々でしたが、馬がよくなっていて、返し馬でもいい感じでした。最後は惜しかったですが、よく走っています。7歳馬ですし、頭が下がります」

3着 ロジチャリス(松岡正海騎手)
「途中から来られてしまい、惜しかったです」

4着 マイネルメリエンダ(柴田大知騎手)
「間隔があいたせいか、反応がいまひとつでした。よくがんばっていますが、ハンデも背負っていましたからね」

5着 アンジェリック(蛯名正義騎手)
「前に乗ったときよりも少し馬が前のめりになっていて、バランスが悪くなってきていました。でも、女の子だし、よくがんばっていると思います」