【大津特別】(京都)~テイエムジンソクが3馬身差で快勝 [News]
2016/01/31(日) 15:27
京都9Rの大津特別(4歳以上1000万下・ダート1800m)は3番人気テイエムジンソク(竹之下智昭騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒0(重)。3馬身差の2着に7番人気オルナ、さらにクビ差の3着に5番人気オールブラッシュが入った。

テイエムジンソクは栗東・木原一良厩舎の4歳牡馬で、父クロフネ、母マイディスカバリー(母の父フォーティナイナー)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 テイエムジンソク(竹之下智昭騎手)
「うまくためればいい脚を使えますし、内枠でしたからポケットで脚をためる形にできました。それでも道中りきむところがあって、ためきれない面があります。ただ、外へ出してからの伸びは抜群でしたね。まだ力をつけている途中ですし、これからまたよくなってくるでしょう」

3着 オールブラッシュ(浜中俊騎手)
「結構かかっていました。その分、最後に伸びを欠いてしまいましたね。ただ、久々で馬体も増えていながら3着に残っていましたし、能力はこのクラスでも十分通用します」

5着 ヒデノインペリアル(武豊騎手)
「だんだんとゲートの出が悪くなっているのが気になります。さすがに今日の馬場で出遅れてしまっては......」