【セントポーリア賞】(東京)~サトノキングダムがデビュー2連勝 [News]
2016/01/31(日) 15:21
東京9Rのセントポーリア賞(3歳500万下・芝1800m)は1番人気サトノキングダム(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒3(良)。半馬身差の2着に2番人気メイショウタチマチ、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気ジュンヴァルカンが入った。

サトノキングダムは美浦・国枝栄厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母ダリシア(母の父Acatenango)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノキングダム(戸崎圭太騎手)
「初戦は出遅れて、モタモタしていました。今日はゲートも出て、上手に競馬をしてくれました。終いもいい脚でした。今後も楽しみです」

2着 メイショウタチマチ(田辺裕信騎手)
「物見をすると聞いていました。行く馬がいませんでしたが、あえて前に馬を置いてレースをしました。直線は狭いところでもがんばってくれましたが、乗った感じでは最後にソラを使ったようでした。フワッとしたところで外から交わされてしまいました」

4着 ラグルーラ(C.ルメール騎手)
「いいレースをしてくれましたが、エンジンがかかるのが遅かったです。反応もゆっくりでした。距離は2000mでも問題ありません」

6着 プレイヤーサムソン(L.コントレラス騎手)
「難しい馬だと聞いていましたが、そうでもありませんでした。ゲートをうまく出て、結果的にハナに立ちました。リズムよく運べましたが、最後は力の差が出ました。乗った感じでは、前に馬を置いて我慢させた方がいいのかもしれません」

7着 ツーエムレジェンド(津村明秀騎手)
「ゲートの出はよかったです。二の脚はそれなりだったので、中団からになりました。しかし、追ってからの切れ味がもうひとつでした。いい馬ですし、ダートでも走るかもしれません」