【白富士S】(東京)~ケツァルテナンゴが競り合い制す [News]
2016/01/30(土) 17:03
東京11Rの白富士ステークス(4歳以上オープン、芝2000m)は2番人気ケツァルテナンゴ(F.ベリー騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒1(稍重)。クビ差2着に1番人気ファントムライト、さらに1/2馬身差で3着に3番人気ハギノハイブリッドが入った。

ケツァルテナンゴは栗東・笹田和秀厩舎の4歳牡馬で、父チチカステナンゴ、母ダイワオンディーヌ(母の父クロフネ)。通算成績は13戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ケツァルテナンゴ(ベリー騎手)
「スタートしてからのポジションが良かったです。少し後ろかなとは思いましたが、そこからしっかりと伸びてくれました。思ったよりジリジリという伸びだったのでヒヤッとしましたが、何とか勝ってくれました。さらに成長すれば2400mくらいまでこなせるのではないでしょうか」

(笹田和秀調教師)
「いい競馬をしてくれました。レース前にもコメントしていたように、随分馬が落ち着いてきて大人になっていました。新馬、特別を勝った時の力を発揮出来ました。右、左回りは問いませんが、府中の相性はいいですね。ジリジリ伸びてくるタイプなので直線の長い方がいいのではないでしょうか。ジョッキーは距離が延びても大丈夫だと言っていました。今後については来週中に決めたいと思います」

2着 ファントムライト(戸崎騎手)
「いい競馬をしてくれました。馬も良くなって、いい感じでした。休み明けもまったく問題ありません」

3着 ハギノハイブリッド(石川騎手)
「折り合いがついて、いいポジションにつけられ、すべてが噛み合いました。ペースが速くなく、開幕週で内も伸びていたので、早めにスパートして突き放そうかと思っていました。しかし、上位2頭とは決め手の差が出ました。この馬も上手に競馬をしていますし、やはり力があります。勝ちたかったです。悔しいです」

4着 アドマイヤフライト(三浦騎手)
「リズム良く運べました。しかし、トビの大きい馬なので、外枠で競馬がしたかったです。切れる脚がないので、追い出しを待たされましたが、追い出してからはいい脚を使ってくれました」

5着 マデイラ(大野騎手)
「ゲートの中では大人しかったですし、これくらい、いいスタートを切れると良いですね。この馬の力を発揮出来たと思います」