【クロッカスS】(東京)~トウショウドラフタが3馬身差V [News]
2016/01/30(土) 16:31
東京10Rのクロッカスステークス(3歳オープン、芝1400m)は3番人気トウショウドラフタ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒7(稍重)。3馬身差2着に5番人気オデュッセウス、さらに1馬身1/4差で3着に1番人気ドーヴァーが入った。

トウショウドラフタは美浦・萱野浩二厩舎の3歳牡馬で、父アンライバルド、母ウイッチトウショウ(母の父ジェイドロバリー)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 トウショウドラフタ(田辺騎手)
「久々の分、少し体は立派に見えましたが、レース前の雰囲気も良く、スペースがあればいつでも伸びる楽な手応えでした。今日は馬群の中で競馬をすることと、直線で外に出さずに競馬をする感じを試したかったが、クリア出来ました」

(萱野浩二調教師)
「折り合いもつきましたし、内で我慢も出来ました。強い勝ち方でした。次はファルコンSあたりを視野に行きたいと思います」

2着 オデュッセウス(戸崎騎手)
「もう少し折り合いがつけば良かったのですが、いい脚で来れそうだし、じっくりやっていけば良くなると思います」

3着 ドーヴァー(蛯名騎手)
「前回よりもっと行きたがっていました。もう少しリラックスして走れるといいですね」

4着 シゲルノコギリザメ(柴山騎手)
「行く馬がいたので2番手で行きました。最後少しノメっていたので、パンパンの良馬場の方がいいのかもしれません」

5着 レッドラウダ(石川騎手)
「道中、力みながら走っていて、4コーナーで少し息が入りましたが、前に壁を作れず、その分、最後伸び切れませんでした」