【梅花賞】(京都)~アドマイヤダイオウが早め先頭で快勝 [News]
2016/01/30(土) 16:02
京都9Rの梅花賞(3歳500万下、芝2400m)は1番人気アドマイヤダイオウ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分29秒9(重)。2馬身1/2差2着に3番人気ミッキーロケット、さらに3馬身差で3着に2番人気ダノンシャルマンが入った。

アドマイヤダイオウは栗東・友道康夫厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母アドマイヤマリン(母の父クロフネ)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤダイオウ(M.デムーロ騎手)
「今まで戦ってきた相手が強いですし、今日は強いレースでした。調教で乗った時から自信を持っていました。スピードが他の馬と違いましたし、まだ瞬発力がある感じではないので早めに先頭に立つレースをしました。かなり能力のある馬です」

(友道康夫調教師)
「あんなに早く先頭に立つとは思っていませんでしたが、今日は安心してレースを見ていました。重馬場がどうかと思っていましたが問題なかったですね。次は若葉ステークスへ向かうことになると思います」

2着 ミッキーロケット(松若騎手)
「出たなりの位置でレースを進めて、よく伸びてくれました。今日は勝った馬が強かったですね。距離は大丈夫です」

4着 サトノエトワール(秋山騎手)
「一気にペースが上がった時に加速がうまく出来ませんでしたが、馬は使われながら素軽くなっています。いい方向へ向かっていると思います」

5着 マイネルアトゥー(フォーリー騎手)
「楽に逃げているように見えて、実は馬場を気にしながら走っていました。乾いた馬場ならもっと粘れたと思います」

6着 ファスナハト(ルメール騎手)
「この馬場で反応がなく、進んで行きませんでした。まだパワーがない感じです」