【立春賞】(東京)~ジャッカスバークが追い比べから抜ける [News]
2016/01/30(土) 15:51
東京9Rの立春賞(4歳以上1000万下、ダート2100m)は5番人気ジャッカスバーク(F.ベリー騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分11秒6(重)。3/4馬身差2着に7番人気ステージジャンプ、さらにクビ差で3着に1番人気カレングラスジョーが入った。

ジャッカスバークは美浦・古賀慎明厩舎の5歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母ウェスタリーズ(母の父フジキセキ)。通算成績は19戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ジャッカスバーク(ベリー騎手)
「スタートが良く、道中もいいところにつけられ、最後もいい脚を使ってくれました。去年乗せてもらった時より馬が大人になっています。今後も楽しみです」

2着 ステージジャンプ(松岡騎手)
「気を抜かせないように走らせて欲しいと言われていました。外枠も良かったです。力がありますし、走る馬です。具合がいいのが一番でした。冬場も良さそうです。勝つチャンスは近いでしょう」

3着 カレングラスジョー(戸崎騎手)
「スタートが良かっただけに、思い切ってもう一列前で競馬をしていれば違っていたのかもしれません」

4着 ショウナンバローネ(田辺騎手)
「最近の中では着差が一番少なかったです。もう少しですね」

5着 ハナズリベンジ(蛯名騎手)
「スタートは良かったのですが、その後が行けなかったので、自分のリズムで運びました。ペースが速ければ外を回るのですが、速くなかったので馬群の中を割って行く感じになりました。ジリジリ伸びてはいるのですが...」

6着 ドラゴンキングダム(津村騎手)
「直線に入って、400m過ぎでは手応えが良かったのですが、残り1ハロンで止まってしまいました。1800mくらいの方がいいのかもしれません」