【3歳500万下】(東京7R)~モンスターキングが勝利 [News]
2016/01/30(土) 15:41
東京7Rの3歳500万下(ダート1600m)は4番人気モンスターキング(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒6(重)。クビ差2着に2番人気イーグルフェザー、さらに1馬身3/4差で3着に12番人気サンアンダーソンが入った。

モンスターキングは美浦・武井亮厩舎の3歳牡馬で、父アサクサキングス、母カシノヴィガ(母の父デヒア)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 モンスターキング(蛯名騎手)
「弱い部分はありますが、フットワークは良いです。芯が入ってくるとさらに良くなるでしょう。とにかく乗りやすいところがいいですね。促せば行くし、我慢も出来ます。競馬が上手です」

2着 イーグルフェザー(内田博騎手)
「外枠が良かったです。砂を被るとダメなので、外を回して行く形になります。今は強引な競馬になっていますが、砂を被るのに慣れてくれば違う競馬も出来るでしょう。勝った馬は楽でしたが、この馬も走ります。この先もまだまだ楽しみです」

3着 サンアンダーソン(西田騎手)
「デビュー前から調教をつけていましたが、力をつけています。体の弱さなどもあるので、本格化はまだ先だと思います。それでもこれだけ走れたのですから、今後も楽しみです」

4着 エポック(田辺騎手)
「あのペースであのポジションでしたから、勝利を確信しました。しかし、追い出してから"アレ?"という感じでした。難しいですね。1400mに戻して脚をためた方がいいのかもしれません」

5着 ネコダンサー(コントレラス騎手)
「初ダートで、調教師からは前に行って欲しいと言われましたが、行けませんでした。結果的に中団から後方になりました。しかし、砂を被っても問題なく、力強く伸びてくれました」