【根岸S】栗東レポート~モーニン [News]
2016/01/27(水) 17:52
 31日(日)、東京競馬場で行われる第30回根岸ステークス(GIII)に出走するモーニン(牡4、栗東・石坂正厩舎)について、追い切り後石坂調教師のコメントは以下の通り。

「武蔵野Sは中2週で続けての東京への輸送が気にはなっていましたが、もしかすると影響があったのかも知れません。ただ、しっかりと走ってくれましたし、直線を向いても勝ち負けできる位置にいましたから、ここも頑張ってくれるのではないかと思います。

 去年は武蔵野Sが最後、と決めていました。今年大きいところで期待している馬ですから休ませることにして、春先に大きなレースもありますからここから始動することに決めました。前走後は一度放牧に出してリラックスさせて、リフレッシュして帰ってきました。元々大きな馬ですが、しっかりして帰ってきましたし、この中間も順調に来ています。

 今朝は坂路で追い切りましたが、全体的な時計も良かったですし、ラスト1ハロンが12秒0というのが凄いですね。ラストが一番速い追い切り、というのはなかなか出来ませんから、凄いなと思いました。

 次に大きいレースがありますし、そこへ行けるようなレースを今回はして欲しいですね。オンオフがはっきりしていて、いたずらに消耗しないのが良い馬で、1400mは一番競馬がしやすいと思います。良い競馬が出来る、という期待を持って東京へ行きます」

(取材:大関隼)