【シルクロードS】栗東レポート~ビッグアーサー [News]
2016/01/27(水) 17:48
 31日(日)に京都競馬場で行われる第21回シルクロードステークス(GIII)に出走するビッグアーサー(牡5、栗東・藤岡健一厩舎)について、追い切り後藤岡健一調教師のコメントは以下の通り。

「阪神カップ(3着)は初の1400mで、折り合いを少し心配しましたが、問題なかったですね。ただ、内の馬場の荒れたところを走らされて、終いの反応がいつもよりもう一つかな、という感じはしました。やはり微妙に距離も影響したのかなと思います。

 レース後も順調に来ていましたが、年明けにフレグモーネで何日か休みました。ただ、その後は順調でしたし、上手く調整できたかなと思います。1週前は前半で我慢させて終いを伸ばしましたが、1週前としては良い動きでした。先週良い時計でしたし、今週も先週ぐらいで、という指示はしていました。前半我慢した分全体の時計は少し先週より遅かったのですが、気にせず上がり重点で、反応を確かめる感じにしました。フレグモーネの影響も全く無いですし、かなり良い状態に近いところに来ていると思います。

 京都の1200mは速い時計も持っていますし、競馬もしやすいですからここで賞金を足したいですね。(ミルコ・デムーロ騎手との初コンビは)レースも見ていてくれていますし、トップジョッキーですから心配していません。重賞でなかなか勝ち切れないレースが続いていますが、ここでスパッと勝ってGIにつなげられれば良いですね」

(取材:大関隼)