【東海S】(中京)~アスカノロマンが重賞初制覇 [News]
2016/01/24(日) 16:49
中京11Rの東海ステークス(4歳以上GII・ダート1800m)は4番人気アスカノロマン(太宰啓介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒9(良)。2馬身差の2着に2番人気モンドクラッセ、さらに3馬身半差の3着に1番人気ロワジャルダンが入った。

アスカノロマンは栗東・川村禎彦厩舎の5歳牡馬で、父アグネスデジタル、母アスカノヒミコ(母の父タバスコキャット)。通算成績は19戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 アスカノロマン(太宰啓介騎手)
「逃げる馬はわかっていましたし、2番手をとって、あとは楽でした。後ろは離していましたし、押し切れると思いました。返し馬から雰囲気もよかったですし、強かったですね。今日勝てたことで、ここからさらに馬も力をつけてくれると思いますから、またがんばりたいです」

2着 モンドクラッセ(田辺裕信騎手)
「勝ち馬にぴったりマークされて、振り切れませんでした。展開的にはうまくいったと思いましたが......。ただ、休み明けでもよく走ってくれました。叩いて次は上向いてくるはずです」

3着 ロワジャルダン(横山和生騎手)
「スタートもよかったですし、ペースも考えて、ある程度前で競馬をしましたが、勝った馬は強かったです」

4着 ダブルスター(吉田隼人騎手)
「ジリジリと差を詰めてくれていますが、勝ち馬の瞬発力が上でした。もう少し流れてくれればよかったのですが」

5着 グランドシチー(津村明秀騎手)
「いいリズムで、折り合いもついていました。3~4コーナーで上がっていったときに、これはと思いました。久々に、おっと思えるレースをしてくれました」