【AJCC】(中山)~ディサイファが直線抜け出してV [News]
2016/01/24(日) 16:31
中山11Rのアメリカジョッキークラブカップ(4歳以上GII・芝2200m)は2番人気ディサイファ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒0(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気スーパームーン、さらにクビ差の3着に7番人気ショウナンバッハが入った。

ディサイファは美浦・小島太厩舎の7歳牡馬で、父ディープインパクト、母ミズナ(母の父Dubai Millennium)。通算成績は33戦9勝。

~レース後のコメント~
1着 ディサイファ(武豊騎手)
「スタートがよかったですし、ああいう位置で競馬をしようと思っていましたから、思い通りのレースができました。道中も、4コーナーを回るときも手応えがよかったので、早めに動いていこうと思い、早めに先頭に立ちました。久しぶりに乗りましたが、ずいぶん強くなったなと思いました。まだまだやれそうですし、楽しみですね」

(小島太調教師)
「内容がよかったですね。体はこの時期ですから少し太かったかもしれません。行きっぷりがよかったですし、勝負どころから自分で行きましたし、今日は強い勝ち方をするだろうなと思って見ていました。これは本物だと思いました。今後のことはオーナーと相談して決めます」

2着 スーパームーン(C.ルメール騎手)
「直線はゴールまでよくがんばっています。いい反応ができていて、距離もよかったです」

3着 ショウナンバッハ(戸崎圭太騎手)
「いい状態で、内々をリズムよく走れました。直線は長い方がいいでしょう」

4着 マイネルフロスト(松岡正海騎手)
「中団かその前あたりを考えていました。ある程度は流れてくれて、つかまえられると思ったのですが、手応えのわりにもうひと押しがききませんでした」

5着 ヤマニンボワラクテ(藤懸貴志騎手)
「全体的に流れていて、行こうと思えば勝ち馬が通ったコースを行くこともできました。その差が出ました。馬はがんばってくれました」

9着 ステラウインド(蛯名正義騎手)
「ペースが上がってモタついていた分、苦しくなりました」

10着 サトノラーゼン(F.ベリー騎手)
「理想的なところで運べましたが、勝ち馬に並ばれたところで馬がやめてしまいました。馬に囲まれるのはよくないのかもしれませんし、広いコースの方がいいのかもしれません」

(池江泰寿調教師)
「ディサイファが来たときにやめてしまいました」

11着 ライズトゥフェイム(石川裕紀人騎手)
「いつもより前の位置で運びました。ハミをかんで、めずらしく引っかかっていました。その分、伸び切れませんでした」