【山科S】(京都)~初ダートのフォーエバーモアが差し切る [News]
2016/01/24(日) 16:03
京都10Rの山科ステークス(4歳以上1600万下・ダート1200m)は6番人気フォーエバーモア(S.フォーリー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒7(良)。半馬身差の2着に4番人気メイショウツレヅレ、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気エイシンバッケンが入った。

フォーエバーモアは美浦・鹿戸雄一厩舎の5歳牝馬で、父ネオユニヴァース、母エターナルビート(母の父Pentelicus)。通算成績は13戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 フォーエバーモア(S.フォーリー騎手)
「初めてでしたが、馬がダートを楽しんでいました。メンバーを見て、ペースが上がると読んで、そっと出して、出たなりの位置でレースができればと考えていました。中団につけて、4コーナーまで流れに乗れました。直線で前が開きましたし、運もよかったです」

2着 メイショウツレヅレ(松山弘平騎手)
「一年ぶりでしたが、スタートよく、しっかりと脚を使っていました」

4着 カリスマサンスカイ(義英真騎手)
「ゲートで待たされて、馬が力んでしまいました。終いはよく伸びていましたし、このクラスでも通用します」