【若駒S】(京都)~断然人気のマカヒキが快勝 [News]
2016/01/23(土) 16:30
京都10Rの若駒ステークス(3歳オープン・芝2000m)は1番人気マカヒキ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒4(良)。1馬身1/4差の2着に5番人気ノーブルマーズ、さらに2馬身差の3着に3番人気ブラックスピネルが入った。

マカヒキは栗東・友道康夫厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母ウィキウィキ(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 マカヒキ(C.ルメール騎手)
「マイナス10キロのせいか、体のシルエットがよかったですね。とにかく乗りやすい馬。ストライドもよく、長くいい脚を使いますね。強いレースでした。今は何も言うことがありません」

2着 ノーブルマーズ(高倉稜騎手)
「物見がすごいです。まだ子どものせいか、真面目に走っていません。今日も逃げにはこだわっていませんでしたが、他に行く馬もいなかったので、このような形になりました。道中は競馬を教える意味でも真面目に走るよう促しながらのレースでした。勝ち馬の決め手は素晴らしかったですね。この馬ものびしろがあると思います」

3着 ブラックスピネル(松若風馬騎手)
「今日はゲートで少しソワソワしていましたね。今日は馬の後ろで折り合いもついて、いい感じで運ぶことができました。でも、ラストは脚が上がってしまいました。あと少し前でレースをした方がよかったかもしれません」

4着 キンショーユキヒメ(川田将雅騎手)
「レースはゆっくり運んでという指示でした。直線はいい脚を使っています」

5着 レインボーフラッグ(小牧太騎手)
「少し行きたがっていましたが、すぐに折り合いがつきました。強い馬がいたので、どれぐらい戦えるか意識しながらのレースでした。距離は大丈夫です。キャリアを考えたら、よくがんばっています」

6着 ロスカボス(M.デムーロ騎手)
「ペースも遅かったけど、プラス12キロもあったのでしょうか」