【若竹賞】(中山)~ジークカイザーがデビュー2連勝 [News]
2016/01/23(土) 15:19
中山9Rの若竹賞(3歳500万下・芝1800m)は4番人気ジークカイザー(F.ベリー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒5(良)。半馬身差の2着に3番人気クィーンズベスト、さらにクビ差の3着に9番人気ゲッカコウが入った。

ジークカイザーは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母ヒルダズパッション(母の父Canadian Frontier)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ジークカイザー(F.ベリー騎手)
「ゲートの中でテンションが上がり、うるさくなりましたが、うまくスタートが切れました。スムーズに行けましたし、いい形でレースを運べました。最後は確実に伸びる馬です。距離は延びても大丈夫ですし、切れる脚もありますのでこれから楽しみです」

2着 クィーンズベスト(三浦皇成騎手)
「スッと行けて、いい感じでした。絡まれなければ勝てたのではないでしょうか。最後も盛り返していましたし、いい馬です」

3着 ゲッカコウ(松岡正海騎手)
「スタートのタイミングが合わず、遅れて後ろからになりましたが、ペースが遅かったので、途中から動いていきました。最後までしぶとく脚を使ってくれました」

4着 サーブルオール(柴山雄一騎手)
「ペースが遅く、道中ハミをかんでしまいました。本当は自分から動いていきたかったのですが、行くとガムシャラに行ってしまう馬なので、ちょっと動くに動けない感じになってしまいました」