【東海S】美浦レポート~ロワジャルダン [News]
2016/01/20(水) 17:41
24日(日)中京競馬場で行われる東海ステークス(GII)に出走予定のロワジャルダン(牡5、美浦・戸田博文厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◯ロワジャルダンについて斎藤吉則調教助手

「前走のチャンピオンズCは、大外枠からのスタートで下げざるを得ませんでしたが、最後は馬群の中からいい脚で上がってこられたので、内容的には良かったと思います。レース後も疲れはそれほどなく、回復も早かったので、このレースを目標に順調に調整できています。

先週は併せ馬で負荷を掛け、今週は併せ馬で反応を確かめる程度でした。もともとウッドチップでそれほど動く馬ではないのですが、しっかりと乗り手の指示に反応して、いい動きだったと思います。

今回は前走と同じ舞台、前走でいい競馬ができているので、いい条件だと思います。前走はかなりのハイペースで、もともと競馬が上手な馬ですがそれでも追走に苦労するくらいでした。そのようなペースでも結果が出ていますし、みやこSで速い時計にも対応していますし、どんな競馬でもできると思います。重賞を勝ったあたりから馬がしっかりしてきて、古馬らしくなってきました。前走でも一線級と初めての対戦で差のない競馬をしてくれましたし、この馬自身も楽しみです。今後はダートの大きいところを狙いにいきたい馬なので、何とか賞金加算できればと思います」

(取材:小塚歩)