【AJCC】美浦レポート~ライズトゥフェイム [News]
2016/01/20(水) 17:35
24日(日)中山競馬場で行われるアメリカジョッキークラブカップ(GII)に出走予定のライズトゥフェイム(牡6、美浦・加藤征弘厩舎)について、関係者のコメントは以下の通り。

◯ライズトゥフェイムについて石川裕紀人騎手

「前走の中山金杯は、最後に脚を余したといいますか、展開が嵌らずに追い込み切れず悔しい思いをしました。ですが、上がり32秒6という脚を使えるとは思っていなかったので、結果的にですがこの馬にとってはレベルアップができたのではないでしょうか。

この馬の良さは、道中折り合いがついて流れに乗れますし、終いもしっかり伸びてきてくれるところですね。(全5勝が中山、という点について)他の競馬場が合わないということはないと思いますし、中山は展開が嵌りやすいということもあって結果に繋がっているのでは、と思います。

(1ハロンの距離延長について)折り合いがつく馬なので、その点は心配していません。この馬に騎乗するときは、道中は流れに乗せてあげて、リズムよく運ぶことを心掛けています。ライズトゥフェイムも着々と力をつけているので、人馬ともに初重賞を狙いたいと思います」

(取材:小塚歩)