【日経新春杯】(京都)~レーヴミストラルが直線一気でV [News]
2016/01/17(日) 17:08
京都11Rの日経新春杯(4歳以上GII・芝2400m)は2番人気レーヴミストラル(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分25秒9(良)。2馬身差の2着に1番人気シュヴァルグラン、さらにハナ差の3着に4番人気サトノノブレスが入った。

レーヴミストラルは栗東・松田博資厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母レーヴドスカー(母の父Highest Honor)。通算成績は9戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 レーヴミストラル(川田将雅騎手)
「松田先生がいちばん好きな勝ち方でしたね。前半自分から進んでいくタイプではないので、馬のリズムを大事にして行きました。4コーナーからの手応えもよかったですし、弾けてくれるかなと思いましたが、その通りでした。松田先生の馬で重賞を勝てる最後のチャンスかもしれないとも思いましたからホッとしていますし、少しさびしい気持ちもあります。これからさらに成長していくと思います。今後が楽しみになりました」

2着 シュヴァルグラン(C.ルメール騎手)
「4コーナーで他の馬とぶつかってバランスを崩しましたが、そのあとはいい脚を使っています。ずっといい感じでしたし、4コーナーだけでしたね。重賞を勝てる力のある馬ですが、ちょっと今日はアンラッキーでした」

3着 サトノノブレス(武豊騎手)
「道中は思ったように運べましたが、ハンデが成績以上に見込まれている感じです。58キロはきいています。そんな中、よくがんばっています」

4着 ダコール(小牧太騎手)
「馬なりで行けるなら前々で競馬をしようと考えていました。4コーナーでは勝てると思うくらいでしたが、さすがに太め(+22キロ)がこたえたのかもしれません」

5着 ベルーフ(D.マクドノー騎手)
「道中は緊張しながら走っていて、もう少しリラックスできればよかったのですが、全体的にはいいレースでした。もう200mくらいあれば、もっといい結果が出たのではないかと思います」

7着 メイショウカンパク(古川吉洋騎手)
「長い距離は合っています。そんなに負けてはいません。よくがんばっています」