【紅梅S】(京都)~シンハライトが無傷の2連勝 [News]
2016/01/17(日) 16:46
京都10Rの紅梅ステークス(3歳オープン・芝1400m)は1番人気シンハライト(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒5(良)。ハナ差の2着に2番人気ワントゥワン、さらに3/4馬身差の3着に6番人気タガノヴィアーレが入った。

シンハライトは栗東・石坂正厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母シンハリーズ(母の父Singspiel)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 シンハライト(池添謙一騎手)
「返し馬は落ち着いていましたが、ゲートで突進しかけたところで開いてしまいました。レースは新馬戦よりスムーズさを欠きながらもいい脚を使ってくれました。まだ乗り込み途上ながら強いレースだったと思います。とにかく乗り味が抜群です。距離は延びた方がいいですね。このまま無事にいってもらいたいです」

(石坂正調教師)
「このあとは状態を見ながら本番直行か一度使うかを考えたいと思います」

2着 ワントゥワン(C.ルメール騎手)
「完璧なレースができましたが、惜しかったですね。ペースもよくて、勝った馬の後ろでレースを運べました。距離はちょうどいいですね。あと一歩でした」

3着 タガノヴィアーレ(鈴木孝志調教師)
「レースはスムーズに運べて、伸びていますが、上位の切れには及びませんでした」

4着 ペプチドサプル(古川吉洋騎手)
「普通にいい感じのレースができましたが、切れる馬に伸び負けました」

5着 メジェルダ(浜中俊騎手)
「スピードがあって、一生懸命走る馬です。スピードを生かせる、短い距離が合っていると思います」