【長篠S】(中京)~シンデレラボーイが差し切りV [News]
2016/01/17(日) 16:10
中京11Rの長篠ステークス(4歳以上1600万下・芝1200m)は2番人気シンデレラボーイ(二本柳壮騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒0(良)。3/4馬身差の2着に10番人気ユキノアイオロス、さらにクビ差の3着に1番人気アットウィルが入った。

シンデレラボーイは栗東・矢作芳人厩舎の6歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母ルスナイクリスティ(母の父リンドシェーバー)。通算成績は28戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 シンデレラボーイ(二本柳壮騎手)
「スタートの出は甘かったのですが、終いは必ずいい脚を使う馬ですから、馬を信じて馬が脚を使える場所を走らせることを心がけました。本当にいい脚を使ってくれました」

2着 ユキノアイオロス(川須栄彦騎手)
「ここのところ成績が上がっていないのは不利があったりして、力を出せていなかったのだと思います。今日はある程度うながして、直線で外に出してというイメージ通りのレースでした。このクラスでも十分やれると思います」

4着 タガノザイオン(田中博康騎手)
「1200mでも、もう少しついていければいいのですが、位置が後ろになりましたから、ロスなく走らせました。いい脚を持っている馬ですし、9歳でもよくがんばってくれます」

6着 アブマーシュ(丸山元気騎手)
「結果的に思い切って後ろから行った方がよかったかもしれません。今日は内枠がアダになった感じです」