【初富士S】(中山)~クルーガーがゴール前で差し切る [News]
2016/01/17(日) 15:03
中山9Rの初富士ステークス(4歳以上1600万下・芝1800m)は2番人気クルーガー(F.ベリー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒8(良)。アタマ差の2着に1番人気キャンベルジュニア、さらに1馬身3/4差の3着に9番人気エアアンセムが入った。

クルーガーは栗東・高野友和厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母アディクティド(母の父Diktat)。通算成績は9戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 クルーガー(F.ベリー騎手)
「最初のペースが遅く、かかり気味でしたが、途中からは落ち着いて走っていました。最後はいい脚を使ってくれました」

2着 キャンベルジュニア(内田博幸騎手)
「外から何かくるのはわかっていたのですが、持ちこたえきれませんでした。マイルを使ったせいか、少し行きたがっていて、もう少し下げて競馬ができればよかったです。力はありますし、まだまだよくなると思います」

3着 エアアンセム(S.フォーリー騎手)
「最後は外へ出すつもりでしたが、内枠で外へ出せず、逆に脚をためることはできましたが、前が詰まって脚を余してしまいました。直線の広い東京や外枠だったらもっといいレースができたと思います」

4着 ウインフェニックス(松岡正海騎手)
「少しかかっていました。もう少しゆっくり行ければいいのですが、このクラスではやはり折り合いに気をつけて乗っていきたいです」