【メイクデビュー】(中京6R)~ブライスガウが勝利 [News]
2016/01/17(日) 14:34
中京6Rのメイクデビュー中京(ダート1400m)は5番人気ブライスガウ(中谷雄太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒6(良)。5馬身差の2着に1番人気バトルハルトマン、さらに1馬身1/4差の3着に2番人気ニシノラディアントが入った。

ブライスガウは栗東・岡田稲男厩舎の3歳牝馬で、父パイロ、母プリモスター(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 ブライスガウ(中谷雄太騎手)
「調教で乗ったときもしっかりした脚を使いましたが、レースでも追ってからの脚はしっかりしていました。まだ気難しいところがあって、一度レースをやめかけるところがありましたが、うながすとまたしっかり走ってくれました。今日は外枠もよかったのでしょう。走りの感じからは芝も大丈夫と思います」

3着 ニシノラディアント(酒井学騎手)
「内枠でしたから、行く馬を行かせて、その後ろでレースをさせるつもりでしたが、モロに砂をかぶる位置になってしまいました。それでも位置を下げることなく、最後は詰め寄る脚を使いました。一回レースを使って、次はよくなると思います」

4着 コスモアントリア(高倉稜騎手)
「前の馬がフラフラしていて、道中は内にも外にも動けない形でしたが、最後はいい脚を使いました。これからよくなる馬だと思います」