【メイクデビュー】(中山4R、6R)~リンガスウーノ、バレエダンサーが勝利 [News]
2016/01/17(日) 14:27
中山4Rのメイクデビュー中山(ダート1200m)は3番人気リンガスウーノ(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒6(良)。4馬身差の2着に1番人気グラミスキャッスル、さらにクビ差の3着に2番人気キャピタルシップが入った。

リンガスウーノは美浦・高橋祥泰厩舎の3歳牝馬で、父サウスヴィグラス、母リンガスローレル(母の父サクラローレル)。

~レース後のコメント~
1着 リンガスウーノ(三浦皇成騎手)
「能力があります。気難しい面も見せていましたが、初戦でしっかりと走れていました。気持ちがさらに競馬に集中してくれば、さらによくなってくるでしょう」

(高橋祥泰調教師)
「暮れの時点で時計を出していました。上の兄姉が競馬場ではダメなところがあって、どうかと思いましたが、うまくいきました」

2着 グラミスキャッスル(柴田善臣騎手)
「惜しかったですね」

5着 ニシノハレブタイ(S.フォーリー騎手)
「いい馬です。ゲートの中でゴチャゴチャしていて、ジャンプスタートになりましたが、馬群の中も入っていけましたし、根性があります。引っかかっていくわけではなくて、スピードに乗っていました。将来的にも面白いと思います」

6着 サニーデイヒーロー(宮崎北斗騎手)
「砂をかぶって、それを気にしていました。しかし、能力はある馬だと思います。芝を使っても勝負できるのではないでしょうか」

9着 ツインフルムーン(松岡正海騎手)
「忙しかったです。マイルの方が合うと思います。スタートが速いので対応できるかと思いましたが、対応できませんでした。パサパサのダートも合わないと思います」


中山6Rのメイクデビュー中山(芝2000m)は4番人気バレエダンサー(石川裕紀人騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分05秒6(良)。1馬身差の2着に2番人気ネオヴェルザンディ、さらにクビ差の3着に3番人気カタルーニャが入った。

バレエダンサーは美浦・尾関知人厩舎の3歳牝馬で、父ハーツクライ、母ホワイトウォーター(母の父Forestry)。

~レース後のコメント~
1着 バレエダンサー(石川裕紀人騎手)
「おとなしく、素直で乗りやすい馬です。自分でペースを作っていけそうな感じだったので、ハナに行きました。最初は物見をしていて、途中から気合いを入れて、真面目にまっすぐ走れればと思いましたが、リズムよく走れました。後ろから来られても反応がありましたし、センスもあります」

2着 ネオヴェルザンディ(三浦皇成騎手)
「距離は長いと思います。しかし、このペースで補えたという感じです。最後は狭いところを割ってくれました」

3着 カタルーニャ(F.ベリー騎手)
「前が詰まっていましたが、少しのスペースをよく割ってくれました。精神的にいいものを持っています。距離は問題ありませんでした」

4着 マイネルディセント(柴田大知騎手)
「前向きですが、敏感なところもあります。落ち着かせて行かせれば、変わってくるでしょう。いいものを持っています」

5着 ヴォーグダンス(田辺裕信騎手)
「まだ集中力がありません。何回か使って、レース慣れしてからでしょう」

7着 マイネルピオネロ(津村明秀騎手)
「まだ体を持て余しています。一回叩いてよくなるでしょう」