【花見小路特別】(京都)~ブランドベルグがゴール前で抜け出す [News]
2016/01/16(土) 15:57
京都10Rの花見小路特別(4歳以上1000万下・芝1600m)は5番人気ブランドベルグ(松田大作騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒9(良)。クビ差の2着に8番人気ティーエスネオ、さらにクビ差の3着に9番人気メイクアップが入った。

ブランドベルグは栗東・牧田和弥厩舎の4歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母ウィンドハック(母の父Platini)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ブランドベルグ(松田大作騎手)
「スタートがよかったですし、今日は自分から動いていって、それで勝てたのは評価に値すると思います」

2着 ティーエスネオ(池添謙一騎手)
「2番手に控えても、ハミが抜けていい形で走れていましたし、最後もよく踏ん張ってくれました」

3着 メイクアップ(酒井学騎手)
「勝ち馬を見ながら、その後ろを追走しました。追ってからスッという脚がなく、いったんリードを奪われて、残り200mでエンジンがかかって差を詰めたところがゴールでした。もうワンパンチあれば、というところです」

5着 ショウボート(C.ルメール騎手)
「ラストはよくがんばっていましたが、ペースが遅かったです。今回は休み明けでしたし、このクラスを勝つ力はあると思います」