【菜の花賞】(中山)~エクラミレネールが直線抜け出す [News]
2016/01/16(土) 15:20
中山9Rの菜の花賞(3歳500万下・牝馬・芝1600m)は6番人気エクレミレネール(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒5(良)。半馬身差の2着に7番人気フロンテアクイーン、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気コルコバードが入った。

エクラミレネールは美浦・高橋裕厩舎の3歳牝馬で、父マツリダゴッホ、母シャトーサウザンド(母の父プラウドデボネア)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 エクラミレネール(内田博幸騎手)
「前走は内枠で行きたくないのに、無理に行かされる形になってしまいました。今日はうまく外に出せましたし、最後も2着馬がついてくれたのもよかったです」

(高橋裕調教師)
「前走のように前に行かないでほしいと言ったら、ジョッキーもわかりましたと言っていました。5、6番手からの競馬で、終いは末脚が爆発しました。体も増えていましたし、勝負できるかなと思っていました。こういう競馬ができれば今後も楽しみです」

2着 フロンテアクイーン(蛯名正義騎手)
「差す形の競馬ができるようになってきました。もう少し落ち着きが出れば、もう一段ギアが上がると思います。距離が延びてもいいと思いますし、今後も楽しみです」

3着 コルコバード(柴山雄一騎手)
「もう少し前で競馬がしたかったのですが、あそこまで差を詰めたのは力があるからでしょう。内を回るとゴチャつくので、外を回しました。最後はいい脚を使っています」

4着 フィビュラ(三浦皇成騎手)
「最後までしっかりと脚を使ってくれました。中山の1600mだと最初が忙しいですし、展開や位置取りの差もあったと思います。馬は成長しています」

5着 ゴッドカリビアン(津村明秀騎手)
「いい背中をしています。中山よりも広いコースの方がいいと思います。距離も2000mぐらいあってもいいでしょう。エンジンがジワジワとかかってくるタイプです」