【日経新春杯】栗東レポート~ベルーフ [News]
2016/01/14(木) 17:23
 17日(日)に京都競馬場で行われる第63回日経新春杯(GII)に出走するベルーフ(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)について、池江泰寿調教師のコメントは以下の通り。

「中山金杯はレース前に頭絡が取れてしまうアクシデントがあって、除外になってしまいました。ただ、外傷も深くなくて、すぐに乗り出すことが出来ましたね。金杯に使うつもりで仕上がっていましたし、ここへ向けての調整もしやすかったです。

 金杯のあとはすぐに坂路入り出来ましたし、先週末しっかり乗って、今週もCウッドコースで5ハロン追いをしましたから、しっかり負荷をかけられました。外傷もすぐ治りましたし、良い状態で出せそうです。

 そんなに切れ味のあるタイプではないので、中山2000mの方が向いているとは思いますが、後ろの馬に脚をなし崩しに使わせるようなペースを作ってこの馬の長所が生かせないかな、と思っています。今の京都は先行力があれば有利ですし、そのあたりも生かせれば良いですね。

 今回は馬具も改良して、頭絡も外れにくいようにしてきました。まずはレースにしっかりと出走させることですね。中山金杯では人気になっていたのにファンの方々に申し訳なかったですし、私達も悔しい思いをしましたから、今回は何とかその思いを晴らせるように頑張りたいです」

(取材:大関隼)