【京成杯】美浦レポート~ウムブルフ [News]
2016/01/14(木) 16:19
17日(日)に中山競馬場で行われる第56回京成杯(GIII)に登録をしているウムブルフ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)について、橋本篤典調教助手のコメントは以下の通り。

(前走の未勝利戦1着を振り返って)
「悔しい競馬が2回続いていて、3回目で中山になりましたし、大外枠でした。2戦目では短い距離を使いましたので、1~2コーナーまでずっと引っ掛かるような感じになりましたので、レースぶりも案の定というか、楽な競馬ではなかったと思います。その中で終いはしっかりと脚を使いましたので、本当に力を出せば、これぐらい強いのだなということを再認識しました。
 メンバー云々は抜きにして、時計的にはまずまずだと思いますし、競馬ぶりは本当に強い内容だったと思います」

(前走後の調整について)
「在厩したまま、少し楽をさせました。ゆったりと仕上げているという感じです」

(1週前追い切りについて)
「ジョッキーに乗ってもらいました。競馬でも見せているような、いくらか口向きの悪さもあったということですが、その辺は許容範囲ということで、動き自体はまずまずでした」

(最終追い切りについて)
「5ハロンから時計を出しました。全体的にはそれほど速くないのですが、これも良い動きだったと思います」

(中山の芝2000mについて)
「コース的には、(前走で勝っているので)何も心配はしていません。折り合いさえつけばという条件が付きますが、やはりまだ融通性といった部分はあると思います。むしろ1600mの方が忙しかったのかなという気はしているぐらいです。
 (初コンビのベリー騎手は)攻め馬も何度か乗っているので、特に心配はしていません。
 今までは、新馬、未勝利という形だったので、メンバーは楽ではないと思いますが、力を出せば足りるのではないでしょうか。
 前走も、初戦ほどではありませんが、やはり行きたがって若さを見せていた部分もあります。しっかり折り合って脚を使えるかというところが鍵になるのではないでしょうか。
 前走で見せた瞬発力というか、抜け出してからさらに突き離すという脚を使えました。そういった脚を見せられたら、チャンスはあると思っています」

(取材:米田元気)