【京成杯】美浦レポート~マイネルラフレシア [News]
2016/01/14(木) 16:16
17日(日)に中山競馬場で行われる第56回京成杯(GIII)に登録をしているマイネルラフレシア(牡3、美浦・高橋裕厩舎)について、高橋裕調教師のコメントは以下の通り。

(前走の東京スポーツ杯2歳S3着を振り返って)
「今までとは違い、少し前の方で競馬をしたのが、結局、最後の詰めが甘くなったかなという感じになりました。それでも、ラフレシアは根性のある馬だと思います」

(前走後の調整について)
「一回、短期で放牧に出しまして、戻ってきました。思った通りの調教ができたというところでしょうか」

(1週前追い切りについて)
「先週は、一杯にやってみようと思いました。併せ馬の相手を先行させて、それを追いかけて、追い越すということを考えてやりました。良い動きでした」

(最終追い切りについて)
「もう先週一杯にやっていますので、今週は調整程度で終いだけサッとやる感じで終えました。思っていた時計より少し速かったと思いましたが、(騎乗した柴田大知騎手は)遅かったかななどと言っていました。それだけ動けるのでしょうね」

(初の右回りなど今回のレースについて)
「あの馬に関しては、別に右・左回りそういうことは気にしていないです。(相手は)やはり骨っぽいと思いますので、頑張りたいです。好位で競馬をしてもらうのが良いと思っています。この馬は非常に素直で、オンオフが効く馬なので、乗り役も乗りやすいのではないでしょうか。とにかく賞金を加算して、上を望みたいと思いますので、よろしくお願いします」

(取材:米田元気)