【京成杯】美浦レポート~プランスシャルマン [News]
2016/01/14(木) 16:14
17日(日)に中山競馬場で行われる第56回京成杯(GIII)に登録をしているプランスシャルマン(牡3、美浦・斎藤誠厩舎)について、斎藤誠調教師のコメントは以下の通り。

(前走のホープフルS6着を振り返って)
「レースが非常に上手い馬なのですが、経験の豊富さがかえって仇になりました。少しハミを噛んでしまって、引っ掛かるような感じで、道中は行ってしまいました。最後は伸び負けした感じです。
 跳びの大きい馬で、スローペースの中、内側に閉じ込められましたので、必要以上にハミを噛んでしまう結果になってしまいました」

(前走後の調整について)
「今まで在厩して競馬に向かうということが少ない馬ですが、しっかりメンタル面を見ながら調整したつもりです。万全の状態で出られると思います」

(最終追い切りについて)
「昨日までは、併せ馬をしようかなと思っていました。しかし、当日の朝、気配を見て、このまま行った方が良いと思いましたので、単走に切り換えて、終いだけ少し伸ばしました。
 十分動けていると思いますし、良い所は出たと思います。このままレースに臨んでほしいです」

(中山の芝2000mについて)
「昨年が、ホープフルステークスを目標に、芙蓉ステークスを経験させたという経緯がありました。中山の芝の2000mというのは経験済みですので、これはアドバンテージが結構あると思います。今回は、それをしっかりと出してもらいたいです」

(柴山騎手とは初コンビ)
「毎日、調教を手伝ってくれています。(この馬には)それほど乗ってはいなかったのですが、見ていてくれて、性格などもよく知ってくれています。調教も、先週に乗っていて、十分知っていると思いますので、その辺は心配していません」

(今回のレースに向けて)
「前回の敗因を踏まえて、あまり速い脚を使える馬ではないので、レースの上手さが出るような展開になれば良いと思います。やはり前目になるかなとは思います。
相手には経験の浅い馬もいますので、お兄ちゃんのようなところが出れば良いですね。
 前回6着と連対を外してしまいましたが、敗因は十分はっきりとしていますので、その辺に気をつけて調整しました。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)