【シンザン記念】(京都)~ロジクライが重賞初V [News]
2016/01/10(日) 16:55
京都11Rのシンザン記念(3歳GIII・芝1600m)は8番人気ロジクライ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒1(良)。クビ差の2着に2番人気ジュエラー、さらにクビ差の3着に11番人気シゲルノコギリザメが入った。

ロジクライは栗東・須貝尚介厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ、母ドリームモーメント(母の父Machiavellian)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ロジクライ(浜中俊騎手)
「冬場で体を絞りにくい中、スタッフがしっかり仕上げてくれましたし、状態もいいと聞いていました。折り合いもつきましたし、内目のポジションをとれたので、あとは直線伸びてくれという思いでした。最後も差のないレースでしたが、よくがんばってくれました」

2着 ジュエラー(M.デムーロ騎手)
「スタートで少し挟まれる形になって、少し引っかかってしまいました。コーナーでは物見をしながら走っていました。しかし、直線でステッキを入れるとすごい伸びでした。もう少しでしたね。惜しいレースでした」

3着 シゲルノコギリザメ(太宰啓介騎手)
「2番手からのレースをさせようとしましたが、途中から我慢できずにハナに立つ形になりました。後続を離してからはハミが抜けましたし、直線ではモタれながらもよく粘りました。今日のペースでこれだけがんばるのですから、もう少し短い距離でうまくコントロールできるようになればかなりやれると思います」

4着 アストラエンブレム(C.ルメール騎手)
「右回りは初めてで、走りのバランスがもうひとつでした。2番枠からいいスタートを切って、いいポジションで運べましたが、この馬は後ろから行った方がいいタイプかもしれません」

5着 レオナルド(川田将雅騎手)
「ゲートをゆっくり出たので、その時点でいい位置をとることができなくなってしまいました。これも経験ですから、徐々によくなってくれればいいですね」

6着 レインボーライン(幸英明騎手)
「スタートはこの馬としてはよく出てくれました。道中ゴチャつきましたが、4コーナーでも手応えはありました。少しモタれた分、伸びがひと息だったのかもしれません」

8着 ドゥーカ(松山弘平騎手)
「もう少し内側の枠なら結果は違ったと思います」

12着 ツーエムレジェンド(池添謙一騎手)
「外枠でロスの多いレースになってしまいました。うまくレースができませんでした」

13着 ラルク(武豊騎手)
「今日はスタートもよくありませんでした。前回とは走りが違いました」

14着 ピースマインド(藤岡康太騎手)
「行く馬を行かせて、いいリズムで運べました。4コーナーもいい形で回れましたが、追い出してから脚を使えませんでした」