【ニューイヤーS】(中山)~ダイワリベラルがハナ差制す [News]
2016/01/10(日) 16:32
中山11Rのニューイヤーステークス(4歳以上オープン・芝1600m)は3番人気ダイワリベラル(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒3(良)。ハナ差の2着に6番人気コスモソーンパーク、さらにクビ差の3着に1番人気グランシルクが入った。

ダイワリベラルは美浦・菊沢隆徳厩舎の5歳牡馬で、父ダイワメジャー、母オレンジジェラート(母の父トニービン)。通算成績は20戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 ダイワリベラル(横山典弘騎手)
「前走時と比べて、乗った感じはそれほど変わりありませんでした。また体重が増えて、いくらか余裕はありましたが、最後までよく踏ん張ってくれました」

(菊沢隆徳調教師)
「現状では1600mぐらいがいいようです。今後は東京新聞杯を視野に入れて調整する予定です」

2着 コスモソーンパーク(柴田大知騎手)
「いいタイミングで仕掛けて、これ以上ないぐらいうまくいったのですが......。僕の馬は58キロでしたし、斤量差を考えれば本当によく走っています。最後の最後、あとちょっとの差でした」

4着 ペイシャフェリス(柴山雄一騎手)
「楽に行けましたが、4コーナーでは早めに来られてしまいました。それでも最後は盛り返して、差し返そうとしていました」