【招福S】(中山)~マイネルバウンスが差し切りV [News]
2016/01/10(日) 15:56
中山10Rの招福ステークス(4歳以上1600万下・ダート1800m)は6番人気マイネルバウンス(丹内祐次騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒7(良)。アタマ差の2着に13番人気セイカフォルテ、さらに半馬身差の3着に4番人気エルマンボが入った。

マイネルバウンスは美浦・伊藤大士厩舎の7歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母ハッピーリズム(母の父リズム)。通算成績は27戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 マイネルバウンス(丹内祐次騎手)
「2コーナーでうまく内に入れることができ、流れもよく、折り合いもついてスムーズにレースができました。4コーナーで思いのほか外へ振られましたが、馬ががんばってくれました」

2着 セイカフォルテ(柴田大知騎手)
「道中後ろからになり、外を回るとどうかと思って、内を狙っていきましたが、4コーナーでうまく前があいてくれました。最後までよくがんばってくれました」

3着 エルマンボ(F.ベリー騎手)
「前に行ってほしいという指示でスタートから出していきました。大型馬なので、自分のペースで外に出していきました。よくがんばっていますが、最後は惜しかったです」

4着 メイショウスミトモ(津村明秀騎手)
「いい馬で乗りやすいです。道中は折り合いだけ気をつけていきましたが、4コーナーで行き場がなくなってしまいました」

5着 ドラゴンピース(田辺裕信騎手)
「3~4コーナーでもう少し流れてくれたらベストでしたね。でも、馬の状態はよくなっています」