【寒竹賞】(中山)~タイセイサミットがゴール前で差し切る [News]
2016/01/10(日) 15:18
中山9Rの寒竹賞(3歳500万下・芝2000m)は2番人気タイセイサミット(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒7(良)。クビ差の2着に5番人気シュペルミエール、さらに1馬身3/4差の3着に1番人気ノガロが入った。

タイセイサミットは栗東・矢作芳人厩舎の3歳牡馬で、父ダイワメジャー、母ヴァインドレッサー(母の父エンドスウィープ)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 タイセイサミット(内田博幸騎手)
「前走は直線で挟まれる不利があったので、今日は内に入らず、うまく外に出すことができました。強い競馬でした。いい馬に乗せてもらいました」

2着 シュペルミエール(柴山雄一騎手)
「今日はゲートを出て、スッと前につけられました。道中の折り合いも問題なく、直線ではうまく前があいたのですが......。何かを目標にして行く形がいいのかもしれません」

4着 ステイパーシスト(石川裕紀人騎手)
「前走時よりも馬はよくなっていました。切れ負けした感じですが、勝ち馬を目標にして、いい競馬ができたと思います。ゲートもそれなりに出てくれましたし、馬は成長しています」