【メイクデビュー】(京都4、6R)~ストリクス、ロッテンマイヤーが勝利 [News]
2016/01/10(日) 14:06
京都4Rのメイクデビュー京都(ダート1400m)は4番人気ストリクス(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒4(良)。1馬身3/4差の2着に6番人気エネルムサシ、さらに1馬身1/4差の3着に7番人気ワンミリオンスが入った。

ストリクスは栗東・安田隆行厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母フレンチアウル(母の父Reset)。

~レース後のコメント~
1着 ストリクス(C.ルメール騎手)
「スタートが速く、いい位置につけられました。とても乗りやすかったです。ゴールまで長くいい脚を使ってくれました。距離はちょうどいいですし、ダートもいいですね。潜在能力がとても高い馬です」

(安田隆行調教師)
「ダートの方がいいと思って、ここを使いました。思っていた以上に前で競馬ができましたし、4コーナーで勝てるかなと思いました。調教でも追って味がありました。次のことはこれから考えます」

3着 ワンミリオンス(小崎綾也騎手)
「前半、砂を嫌がって進みづらかったのですが、道中はそのぶん息が入りました。京都でしたから届きませんでしたが、新馬戦でこれだけ脚を使えたのですから、センスはあると思います」

4着 サトノワイバーン(川島信二騎手)
「体を持て余しているところはありますが、内容のある競馬でしたから、次が楽しみです」


京都6Rのメイクデビュー京都(牝馬・芝1800m)は1番人気ロッテンマイヤー(S.フォーリー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒2(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気ミッキーディナシー、さらに2馬身半差の3着に2番人気ソムリエドヌールが入った。

ロッテンマイヤーは栗東・池添学厩舎の3歳牝馬で、父クロフネ、母アーデルハイト(母の父アグネスタキオン)。

~レース後のコメント~
1着 ロッテンマイヤー(S.フォーリー騎手)
「スタートがよすぎて、最初は引っかかって抑えるのに苦労しました。途中から逃げ馬のペースに乗る形になるとリラックスして走りました。今日は余裕を残しての勝利でした。現状だと今日より長い距離では難しいと思いますが、1600mぐらいのレースなら十分やれると思います」

(池添学調教師)
「前向きな気性の馬なので、ゆったりと走れるレースを選んでデビューさせました。期待の大きい馬ですから、勝ててホッとしています」

4着 ミエノサクシード(川島信二騎手)
「まだまだ子どもっぽいところの多い馬です。それでも今日はいい競馬をしてくれました。これから走ってくる馬だと思います」