【迎春S】(中山)~ヤマニンボワラクテが早め先頭で快勝 [News]
2016/01/09(土) 16:27
中山10Rの迎春ステークス(4歳以上1600万下、芝2200m)は3番人気ヤマニンボワラクテ(藤懸貴志騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分14秒6(良)。2馬身1/2差2着に4番人気サムソンズプライド、さらにアタマ差で3着に8番人気ワールドレーヴが入った。

ヤマニンボワラクテは栗東・松永幹夫厩舎の5歳セン馬で、父キングカメハメハ、母ヤマニンカルフール(母の父エリシオ)。通算成績は20戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ヤマニンボワラクテ(藤懸騎手)
「今回の方がメンバーが揃っていると思っていました。しかし、馬自身が力一杯走ってくれました。レアリスタやスティーグリッツなどが後ろから来ないでくれと思っていましたが、交わされる感じはありませんでした。ガツンとハミを噛んだのが残り600m過ぎだったので、早めに抜け出す感じを意識しました。堅実に走りますし、崩れません。中山も合います」

2着 サムソンズプライド(田辺騎手)
「今日は行く馬がいませんでしたし、自分の競馬が出来て良かったです。よく頑張っていました。しかし、相手の決め手が違いました」

3着 ワールドレーヴ(コントレラス騎手)
「指示があった通り、後方からリズム良く運べました。残り600mくらいで仕掛けて、いい感じで直線に向きました。しかし、前がスッと空かず、進路を変えたタイミングの分が出ました。それでも最後はいい脚を使ってくれました」

4着 スティーグリッツ(戸崎騎手)
「スローペースでした。スタミナがあるので早めに行ってもいいと思っていましたが、周りの馬にブロックされていたので動けなくなりました。ゲートの中で興奮するなど若さはありますが、いいモノがあります」