【京都金杯】(京都)~ウインプリメーラが重賞初V [News]
2016/01/05(火) 16:50
京都11Rの京都金杯(4歳以上GIII・芝1600m)は3番人気ウインプリメーラ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒0(良)。半馬身差の2着に13番人気テイエムタイホー、さらに1馬身半差の3着に7番人気ミッキーラブソングが入った。

ウインプリメーラは栗東・大久保龍厩舎の6歳牝馬で、父ステイゴールド、母エリモプリティー(母の父フォーティナイナー)。通算成績は27戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ウインプリメーラ(川田将雅騎手)
「いいチャンスをいただいて、しっかり勝たせることができてよかったです。初めてコンビを組みましたが、京都コースが合うということでしたので楽しみにしていました。レースではいいポジションがとれて、いいリズムで走っていました。いいところで先頭に立って、よく最後までしのいでくれました」

3着 ミッキーラブソング(小牧太騎手)
「ここのところ短い距離を走っていますから行きっぷりがよく、今日はハナに行ってもいいという気持ちでした。道中はどこかで内に入れて一息つきたかったのですが、内に入れず気負って走っていました。それにしても今日は勝った馬が強かったですね」

4着 シベリアンスパーブ(藤岡康太騎手)
「道中脚をためていくように指示がありました。よく脚はたまったのですが、向正面でゴチャついたときに一列位置を下げたのが痛かったですね。最後は脚を使っていますし、力をつけているのでこれから楽しみな馬です」

6着 エイシンブルズアイ(和田竜二騎手)
「1200mのレースを使ってきているので、スタートでもっと出て行くのかと思っていましたが、馬が様子見する感じだったので、少し前に出して行ったらハミをかんで走っていました。ちょっとチグハグしたレースになってしまいました。力を出し切れればもっと走る馬です」