【中山金杯】(中山)~ヤマカツエースが重賞2連勝 [News]
2016/01/05(火) 16:22
中山11Rの中山金杯(4歳以上GIII・芝2000m)は3番人気ヤマカツエース(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒2(良)。3/4馬身差の2着に5番人気マイネルフロスト、さらに3/4馬身差の3着に1番人気フルーキーが入った。

ヤマカツエースは栗東・池添兼雄厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ヤマカツマリリン(母の父グラスワンダー)。通算成績は15戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ヤマカツエース(池添謙一騎手)
「金杯というおめでたいレースを勝って、気分よく一年のはじめを迎えることができました。ヤマカツエースにとっても大事なスタートのレースで、しっかり結果を出して勝つことができました。ハナを切った馬がいて、縦長で遅いペースとなりましたが、それでも自分から動いていって前をとらえて、後ろからくる馬を封じています。以前乗ったときよりも成長しています」

2着 マイネルフロスト(松岡正海騎手)
「会心の逃げでした。4コーナーでは逃げ切れると思ったのですが......」

3着 フルーキー(M.デムーロ騎手)
「初の2000mでしたし、57.5キロが不安でゆっくり行きましたが、ペースが遅すぎました。それでも最後はよく伸びて、力は見せてくれました」

4着 ライズトゥフェイム(石川裕紀人騎手)
「先行決着の中、後ろから脚を使って4着。今日は流れが向きませんでしたが、重賞で戦っていけることを示したと思います」

5着 ステラウインド(蛯名正義騎手)
「馬の雰囲気がよく、レースもいい形だったのですが、もう少しでした。よくがんばっています」

6着 ブライトエンブレム(C.ルメール騎手)
「ワンペースの馬で、ギアが上がっていきません。スローペースでは厳しいです」