【ジュニアC】(中山)~ダンツプリウスが接戦制す [News]
2016/01/05(火) 16:12
中山10Rのジュニアカップ(3歳オープン・芝1600m)は4番人気ダンツプリウス(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒2(良)。ハナ差の2着に1番人気アーバンキッド、さらに1馬身1/4差の3着に7番人気ショウナンアンセムが入った。

ダンツプリウスは栗東・山内研二厩舎の3歳牡馬で、父ブライアンズタイム、母ストロングレダ(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は8戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ダンツプリウス(松山元気騎手)
「前回、終いはいい脚を使ったので楽しみにしていました。出たなりで行こうと思いましたが、ゲートがよかったので行きました。最後もしっかり伸びてくれました。そして勝っていたこともラッキーでした」

2着 アーバンキッド(F.ベリー騎手)
「もう一列前で競馬を運びたかったです。道中で内にモタれるところがあり、直線も伸びてはいますが、内にモタれるところがありました。能力は高いですが、そのあたりが解消されてくれば、もっとよくなるでしょう」

3着 ショウナンアンセム(大野拓弥騎手)
「流れに乗って、うまく立ち回ってくれました。レースセンスもいいですね」

5着 ゲッカコウ(柴田大知騎手)
「まだ馬が若く、どういう競馬がいいのか試しているところです。でも、根性もあるし、いいものは持っています。これからの馬です」