【東京大賞典】~レース後のコメント [News]
2015/12/29(火) 17:33
 東京大賞典(GI)のレース後の関係者のコメントは以下の通り。

1着 サウンドトゥルー(大野拓弥騎手)
「東京大賞典を勝てて夢のようです。ここ2戦は勝ちきれず、歯がゆかったですが、今日は綺麗に差し切ってくれて嬉しいです。地方だと、ある程度の位置がとれるので、大体イメージ通りに乗れました。直線、楽に届くかと思いましたが、ホッコータルマエがしぶとく、最後は一杯一杯でした。夏の時点では、GIを勝てるとは思っていませんでしたが、一戦一戦、強い馬と戦い、思った以上に力をつけてくれました。今日勝ったので、来年は受けて立つ立場になります。人馬共に、パワーアップして頑張りたいです」

(高木登調教師)
「ずっと良い状態をキープしていて、問題無いと思っていました。ここ2戦、悔しい思いをしていましたが、勝てる力はあると思っていました。追走に苦労していましたから、最後はどうなるかと思いましたし、直線は力が入りました。何とかうまく、ギリギリかわせましたね。馬が柔らかくなり、使っての反動が無くなったことが、良くなったところです。今後については、馬の様子を見て考えます」

2着 ホッコータルマエ(幸英明騎手)
「勝ち馬より、コパノリッキーに楽な競馬をさせないイメージで乗りました。しかし、ペースが速かった分、差されてしまいました。馬自身は、叩いて良くなっている感じがありましたが、勝った馬も、力をつけています」

3着 ワンダーアキュート(和田竜二騎手)
「いつも通りイレ込んでいて、体も減っていました。道中は楽に良いところにつけ、手応えも良かったです。直線、反応していたので、前2頭に食らいつきたかったのですが、ラストラン、無事で良かったです。偉い馬です」

4着 コパノリッキー(武豊騎手)
「スタートから2コーナーまで、いい感じで行けましたが、結構マークがきつかったです。逃げ馬のつらい面が出ました。前走もそうでしたが、ほとんど手前を替えませんでした。何か本調子ではないのでしょうか。また来年頑張りたいです」

6着 ハッピースプリント(宮崎光行騎手)
「今日は、僕の馬がどこまで相手の流れについていけるのか、思い切って乗りました。しかしあと少し、力の足りない競馬でした」

(取材:米田元気)