【2歳500万下】(阪神7R)~サトノダイヤモンドが人気に応えて快勝 [News]
2015/12/26(土) 14:39
阪神7Rの2歳500万下(芝2000m)は1番人気サトノダイヤモンド(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒8(稍重)。3馬身半差の2着に7番人気クィーンズベスト、さらにクビ差の3着に2番人気ナムラシングンが入った。

サトノダイヤモンドは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母マルペンサ(母の父Orpen)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノダイヤモンド(C.ルメール騎手)
「とても乗りやすい馬で、2度目のレースでもテンションが上がるようなところはありませんでした。今日はスタートこそ速くありませんでしたが、後方の位置でリラックスして走って、直線では簡単に先頭に立つことができました。エンジンが違います」

3着 ナムラシングン(内田博幸騎手)
「スタートをうまく出たので、そのまま前に行かせました。楽なペースで行けて、いい形で併せ馬になればと思いましたが、相手とは瞬発力が違いました。今日は気持ちが入りすぎているところがあって、少しムキになる面がありましたから、その分もあるでしょう。大きな馬ですから、まだこれから変わると思います」

4着 マイネルハニー(H.ボウマン騎手)
「この距離だと行きたがる面があります。マイルの距離がベストでしょう。マイルなら違うレースができると思います」

5着 フロムマイハート(A.アッゼニ騎手)
「いい位置でレースができました。最初から少し馬場を気にしていましたから、今日のような少し緩い馬場はよくないのかもしれません」