【メイクデビュー】(中山4R、5R)~パミーナコラッジョ、ルネイションが勝利 [News]
2015/12/26(土) 13:52
中山4Rのメイクデビュー中山(ダート1200m)は5番人気パミーナコラッジョ(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒0(良)。1馬身半差の2着に2番人気ハッピープリティー、さらに4馬身差の3着に6番人気プログレスウェイが入った。

パミーナコラッジョは美浦・水野貴広厩舎の2歳牝馬で、父ダイワメジャー、母クインオブオールディー(母の父Kris S.)。

~レース後のコメント~
1着 パミーナコラッジョ(三浦皇成騎手)
「スピードがあって、反応もよかったです。気性的にもオン・オフがしっかりとできます。スタートの芝部分で置かれたようにダートが合っていると思いますし、外を見て遊びながら勝つのですから、能力があります」

3着 プログレスウェイ(村田一誠騎手)
「全体的に緩いところがありながらこれだけ走るのですから、走りますよ。これから絶対によくなってくると思いますし、楽しみです」

4着 シルバードリーム(石川裕紀人騎手)
「砂をかぶって嫌がっているのもあるでしょうが、ずっと外へ逃げながら走っていました」

5着 ボナテスタ(江田照男騎手)
「まだ緩いので、出していってもトモがはまりません。3コーナーあたりでようやくはまりました。一回使って変わってくると思います」


中山5Rのメイクデビュー中山(芝2000m)は7番人気ルネイション(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒2(良)。2馬身差の2着に8番人気クラウンディバイダ、さらに1馬身1/4差の3着に10番人気アルマイオラニが入った。

ルネイションは美浦・栗田徹厩舎の2歳牝馬で、父アドマイヤムーン、母パラフレーズ(母の父Pivotal)。

~レース後のコメント~
1着 ルネイション(大野拓弥騎手)
「スタートセンスがよく、うまく立ち回れて、いい競馬でした。外から来られても余裕があったし、追ってからもしっかりしています。芝の中距離が合います」

3着 アルマイオラニ(松岡正海騎手)
「まだ弱いところがあるし、トモのはまりがよくありません。だんだんとよくなってくると思います」

13着 フラジョレット(戸崎圭太騎手)
「まだ競馬がわかっていません。使って変わってきそうです」