【有馬記念】栗東レポート~サウンズオブアース [News]
2015/12/23(水) 18:45
 27日(日)に中山競馬場で行われる第60回有馬記念(GI)に出走するサウンズオブアース(牡4、栗東・藤岡健一厩舎)について、追い切り後関係者のコメントは以下の通り。

●サウンズオブアースについて藤岡健一調教師
「ジャパンカップは調子もかなり良かったですし、自信を持って臨んだレースでした。ただ、1コーナーでごちゃついてスムーズなレースではなかったので、不完全燃焼の感は否めないですね。

 レース後ダメージの残るタイプの馬なんですが、今回は殆どダメージもなく、2週後からすでに時計も出しました。馬自体が強くなったなという印象です。今週の追い切りは前走(の追い切り)でジョッキーが乗ったときに行きたがるような素振りを見せていて、この馬としては間隔も詰まっていますからオーバーワークにならないように、いつも乗っている助手に乗ってもらいました。前半我慢させて、後半で伸ばすような指示を出しましたが思った通りで、上がりも良かったですね。

 中山は日経賞以来ですが、その時も負けたとは言え最後に良い脚で追い込んでいましたし、もう少し距離があれば勝っていたんじゃないかなと思うので、悪いイメージはないですね。ジョッキーも絶好調で、馬の状態も絶好調に持っていけそうなので、期待しています。まだ重賞は勝てていないので胸を借りる立場ですが、初重賞勝ちが有馬記念、というのもこの馬らしくていいと思うので、ぜひ応援をよろしくお願いします」

(取材:大関隼)