【有馬記念】美浦レポート~ルージュバック [News]
2015/12/23(水) 16:38
 27日(日)に中山競馬場で行われる有馬記念に出走を予定しているルージュバックについて関係者のコメントは以下の通り。

大竹正博調教師
「今朝の追い切りはウッドコースでの併せ馬でした。前に馬を置いて我慢をさせるスタイルで、我慢がきいて終いはしっかりと伸びていました。前走と比べても良くなったと思います。期待通りで、走りたいという気持ちが伝わってくる追い切りでした。
 前走はGIレースでしたが、あれが叩き台になった形で、輸送もありましたがダメージも少なく、ここまで順調にきました。相手はさらに強くなるので強気なことは言えませんが、具合がいいのは確かで、今の状態でどこまでやれるのか見てみたい気持ちでいます。
 GIタイトルを取っていない馬なのにファン投票で上位に入ったということで、ファンの皆さんが期待していることが分かり、それに応えられるような競馬が出来ればと願っています。中山コースは初めてで、2回急坂を上がる2500メートルは3歳牝馬にとっては過酷だと思いますが、それでも53キロの負担重量は魅力で頑張ってくれるのではないかと思っています。
 内枠有利というデータがあるようですが、あまり枠順に左右される馬ではなく、レースは騎手にまかせます。長い休養明けながら前走は差のない4着になったわけで内容は評価出来ると思っています。1回使って気合も乗っています。なんとかいい競馬をして欲しいです。」

戸崎圭太騎手
「今朝の追い切りには乗らず調教スタンドで見ていました。いつもながらいい動きで順調にきていると思います。躍動感のある動きでした。
 前走の秋華賞は少しスタートで後手を踏んで思った以上に後ろの位置取りになってしまいましたが、その後はリズムよく行けて手応えがあり、いい追い込みが出来たと思っています。レースでは負けましたが、まずは休み明けのレースをいい雰囲気で走れました。
 この馬はファンも多く注目されている馬で、新馬の時から乗せてもらいながらなかなかGIを取れずにここまできてしまいました。そうした悔しい思いも最後にぶつけたいです。僕自身は去年このレースを勝っているので相性がいいレースだと思っています。
 中山コースの経験がなくても心配はしていません。飛びも軽く、器用さがあり、普通にゲートを出てリズム良く行ければ結果はついてくると思います。チャンスは十分あると思っています。レースが楽しみです。」

(取材:小林雅巳)