ベストターンドアウト賞~受賞者の発表および受賞者のコメント [News]
2015/12/20(日) 17:21
 本日、朝日杯フューチュリティステークスのパドックで、「ベストターンドアウト賞」の審査が行われた。
 受賞したのはリオンディーズの鈴木裕幸調教助手(角居勝彦厩舎)だった。

●審査委員
中尾正(元JRA調教師)
天野ほたる(元宝塚歌劇団 月組)
合田直弘(海外競馬評論家)

●審査基準
「馬がよく躾けられ、美しく手入れされ、かつ人馬の一体感を感じさせる引き馬(リード)が行われているか」

~鈴木裕幸調教助手のコメント~
「えっ!? 僕ですか!? なんとありがたいお話。ありがたや、ありがたや。特別なことは何もしていないんですが、これを励みにこれからもがんばります」

(JRA発表による)