【クリスマスキャロル賞】(阪神)~サンライズネオがゴール前で抜け出す [News]
2015/12/20(日) 17:15
阪神12Rのクリスマスキャロル賞(3歳以上1000万下・ダート1200m)は2番人気サンライズネオ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒9(良)。2馬身差の2着に7番人気コスタアレグレ、さらにクビ差の3着に1番人気メイショウワダイコが入った。

サンライズネオは栗東・石坂正厩舎の5歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母リオニアンレディー(母の父Kingmambo)。通算成績は29戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 サンライズネオ(岩田康誠騎手)
「この馬は1400mよりも1200mの方が切れると思っていました。ハイペースに巻き込まれず、この馬自身の競馬をしたので、こういうパフォーマンスができたと思います」

2着 コスタアレグレ(蛯名正義騎手)
「一息で行ってしまうところはありますが、久々でもよくがんばっています。すぐにチャンスはあると思います」

3着 メイショウワダイコ(池添謙一騎手)
「内から主張され、きつい感じになりましたが、2番手でスムーズに、クラスにメドの立つ内容で走ってくれました」