【ディセンバーS】(中山)~トーセンレーヴが差し切りV [News]
2015/12/20(日) 17:02
中山11Rのディセンバーステークス(3歳以上オープン・芝2000m)は3番人気トーセンレーヴ(H.ボウマン騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒1(良)。クビ差の2着に1番人気スーパームーン、さらに1馬身1/4差の3着に6番人気クランモンタナが入った。

トーセンレーヴは栗東・池江泰寿厩舎の7歳牡馬で、父ディープインパクト、母ビワハイジ(母の父Caerleon)。通算成績は24戦8勝。

~レース後のコメント~
1着 トーセンレーヴ(池江泰寿調教師)
「騎手が追えますし、3~4コーナーのさばきもうまいですね。以前は心房細動とかで不安のあった馬が、今は心電図をつけて調教しても不安のない状態です。折り合いもつくようになり、今日はレースが流れてくれたのもよかったです。やはり中距離が合っています。次走はオーナーと相談して決めます」

2着 スーパームーン(内田博幸騎手)
「切れるタイプではないので、ジワッと行きましたが、並んだときにやはり向こうが強かったです。この馬もよくがんばっていますし、負けてはいけないレースだったのですがね......」

5着 コスモソーンパーク(柴田大知騎手)
「一生懸命走って、よくがんばっています。2000mよりも1800mの方が合っているかもしれません」

10着 セキショウ(松岡正海騎手)
「後続に脚を使わせるように逃げてほしいという指示でしたが、少し気分よく行かせてしまい、行きすぎました」